事前に知っておきたい、業務用エアコンをリースで導入するとどんないいことがあるの?

HOME » 業務用エアコンのリース業者とは » 事前に知っておきたい、業務用エアコンをリースで導入するとどんないいことがあるの?

事前に知っておきたい、業務用エアコンをリースで導入するとどんないいことがあるの?

業務用エアコンを店舗やオフィスに設置するという場合、購入するよりもリースで導入する方がよいと言われることが多いと思います。

イメージ的にも、リースの方がよさそうだと考えている人がほとんどでしょう。

ですが、具体的にどのような部分がよいのか?

ということについてはあまり理解していないという人も多いようです。

リース契約をする前に知っておきたいのが、どんないいことがあるのか?

ということです。

具体的にリースで導入するとどのようなよいことがあるのでしょうか?

まず、初期費用が不要であるという点が挙げられます。

また、修理保証付きのリース契約をすることで、リース期間中の修理費用の心配がいらなくなります。

さらに、動産保険が適用されることになりますので、自然災害や盗難などの万が一のときの損害にもしっかりと対応してもらうことができます。

それから、意外と知らない人も多いようですが、購入したときと同じようにメーカー保証が適用されるというのもよい点です。

メーカー保証は、購入した場合もリースで導入した場合もどちらも受けることができます。

業務用エアコンを購入して設置するとなると、初期費用がかかりますし、設置してからもある程度の年数が経過すれば、修理費用がかかる可能性が高くなります。

ですが、リースで導入すればこれらにかかる費用を他に回すことができるようになるのです。

資金を他に回すことができれば、会社や店舗の運営にも大きなプラスとなります。

このように、業務用エアコンは、購入するのもよいのですが、リースで導入した方がよいと言えるのです。

業務用エアコンの購入のために、銀行から借り入れをしたり、無理やり資金を集めるなどの負担をする必要がないので、業務用エアコンをリースで導入してみることを検討しましょう。

当然、業務用エアコンのリースには、悪い点もありますがそれでもよいところの方が多いので、オフィスや店舗にはリースで導入するのがよいでしょう。

業務用エアコンのリース契約についてもっと詳しく知りたい、あるいはリース契約を検討したいという人は、ぜひ新空調にご相談ください。

新空調では、国内主要メーカーのすべてのリースのサポートを行っております。

業務用エアコンのリースに詳しいスタッフがおりますので、お気軽にご相談ください。

ぜひ、業務用エアコンをリースで導入することを検討してみましょう。

業務用エアコンの工事期間・設置業者の選び方・配管の交換について

業務用エアコンの工事にかかる期間
業務用エアコンを取り付けるのには、工事が必要となりますが、業務用エアコンの工事にはどのくらいの期間がかかるのでしょうか?かかる期間については現場の状況によって異なります。設置する台数が1台もしくは2台などであれば通常の工事では1日で完了するという場合がほとんどです。しかし、設置する台数が多いという場合や電気工事や運搬などに時間がかかるなどの場合には日数が延びるという場合もあります。必ず1日で終わるというものではありません。
業務用エアコンの工事にどのくらいの日数が必要なのかということは、見積の際に業者に確認しておくようにするとよいでしょう。日程には余裕を持っておくとよいでしょう。

業務用エアコンの設置はアフターサービスの充実しているところへ
業務用エアコンの設置を考える時には、どこの業者に依頼をすればよいのか迷ってしまうということも多いでしょう。そんな時に、重要なポイントになるのがアフターサービスが充実しているかどうかという点です。多くの人は、業者を価格だけで選んでしまいますが、価格だけでアフターサービスがしっかりしたものでないと、万が一故障してしまった場合などが大変です。万が一の故障などの際にも素早く対応してくれるかどうか?をしっかりと確認した上で契約を行うようにするのがおすすめです。価格だけで選ぶと技術のない業者などが設置してしまい、後でトラブルになるという可能性もあります。注意しておきましょう。

業務用エアコンの配管は交換出来る?出来ない?
業務用エアコンを導入する際には、出来るだけ工事費を安く抑えたいと考えている人がほとんどでしょう。知っておきたいのが、業務用エアコンの配管についてです。業務用エアコンの配管は再利用出来る場合と、再利用出来ない場合があります。これは、配管の状態などによっても異なりますので実際に見てみないと配管の再利用が出来るかどうかはわかりません。少しでも工事費を抑えたいという場合には、業者に相談をして配管が再利用出来るようであれば再利用したいということを伝えましょう。必ずしも再利用出来るわけではないという点に注意が必要です。状態の悪いまま使うと、冷媒ガスが漏れてしまうなどのトラブルになる可能性があります。