業務用エアコンをリースで導入する場合、契約期間は短い方がいい?それとも長い方がいい?

HOME » 業務用エアコンのリース業者とは » 業務用エアコンをリースで導入する場合、契約期間は短い方がいい?それとも長い方がいい?

業務用エアコンをリースで導入する場合、契約期間は短い方がいい?それとも長い方がいい?

業務用エアコンをリースで導入するという場合に、多くの人が悩むのが契約期間についてでしょう。

業務用エアコンのリース期間については、それぞれ異なりますが、約4~10年の中から選択してリース契約をするということが多いです。

契約期間は、短いのがいいのか?

長いのがいいのか?

非常に悩みどころでしょう。

まず、覚えておきたいのが、それぞれのメリットとデメリットです。

契約期間が短いという場合には、どのようなメリットがあるのでしょうか?

契約期間が短いメリットは、支払総額が安く抑えられるということです。

通常リース契約の場合、契約期間が長くなればなるほど、支払総額が多くなるという傾向にあります。

そのため、契約期間が短ければ、その分支払総額を抑えることができます。

デメリットとしては、月々のリース代が高くなってしまうということです。

リース契約では、契約期間が長くなればなるほど、月々の負担が少なくて済むようになっています。

逆に言えば、契約期間が短いと契約期間が長い場合と比較すると月々のリース代は高くなるということです。

契約期間が長い場合で考えてみると、大きなメリットは、月々の負担が少なくて済むということでしょう。

契約金額にもよりますが、数千円~一万円程度で収まるのがほとんどです。

デメリットとしては、契約期間が短い場合と比較すると、支払総額が多くなってしまうということです。

月々のリース代は安く済みますが、トータルでは、多くの費用を支払わなければならないということになるということを覚えておきましょう。

このように、それぞれのメリットとデメリットがありますので、一概に契約期間の短いのと長いのとどちらがよいのかということは言えません。

よく理解したうえで契約期間を選ぶことが大切です。

リース契約というのは、知っている人も多いかもしれませんが、自己都合で契約を途中で解除するということが原則できません。

決められた契約期間の間は、毎月一定のリース代を支払うことになりますので、まずは月々のリース代の支払いが大きな負担とならないかどうかをチェックしておきましょう。

払えなくなってしまったなどということになると困るので、必ず、無理のない金額であることを確認しておくのがおすすめです。

月々支払金額というのは、それぞれ違うでしょうから、契約をする前にしっかりとチェックしておくことが大切。

業務用エアコンのリースについてわからないことや相談したいことがあるという場合には、新空調がおすすめです。

新空調では、すべてのメーカーのリースのサポートを行っています。

リースに関するご相談はどんなことでも受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。

業務用エアコンの工事期間・設置業者の選び方・配管の交換について

業務用エアコンの工事にかかる期間
業務用エアコンを取り付けるのには、工事が必要となりますが、業務用エアコンの工事にはどのくらいの期間がかかるのでしょうか?かかる期間については現場の状況によって異なります。設置する台数が1台もしくは2台などであれば通常の工事では1日で完了するという場合がほとんどです。しかし、設置する台数が多いという場合や電気工事や運搬などに時間がかかるなどの場合には日数が延びるという場合もあります。必ず1日で終わるというものではありません。
業務用エアコンの工事にどのくらいの日数が必要なのかということは、見積の際に業者に確認しておくようにするとよいでしょう。日程には余裕を持っておくとよいでしょう。

業務用エアコンの設置はアフターサービスの充実しているところへ
業務用エアコンの設置を考える時には、どこの業者に依頼をすればよいのか迷ってしまうということも多いでしょう。そんな時に、重要なポイントになるのがアフターサービスが充実しているかどうかという点です。多くの人は、業者を価格だけで選んでしまいますが、価格だけでアフターサービスがしっかりしたものでないと、万が一故障してしまった場合などが大変です。万が一の故障などの際にも素早く対応してくれるかどうか?をしっかりと確認した上で契約を行うようにするのがおすすめです。価格だけで選ぶと技術のない業者などが設置してしまい、後でトラブルになるという可能性もあります。注意しておきましょう。

業務用エアコンの配管は交換出来る?出来ない?
業務用エアコンを導入する際には、出来るだけ工事費を安く抑えたいと考えている人がほとんどでしょう。知っておきたいのが、業務用エアコンの配管についてです。業務用エアコンの配管は再利用出来る場合と、再利用出来ない場合があります。これは、配管の状態などによっても異なりますので実際に見てみないと配管の再利用が出来るかどうかはわかりません。少しでも工事費を抑えたいという場合には、業者に相談をして配管が再利用出来るようであれば再利用したいということを伝えましょう。必ずしも再利用出来るわけではないという点に注意が必要です。状態の悪いまま使うと、冷媒ガスが漏れてしまうなどのトラブルになる可能性があります。