業務用エアコンを販売業者から購入する際には、「最新機種」じゃないとダメ?

HOME » 業務用エアコン販売で気をつけること » 業務用エアコンを販売業者から購入する際には、「最新機種」じゃないとダメ?

業務用エアコンを販売業者から購入する際には、「最新機種」じゃないとダメ?

業務用エアコンを販売業者から購入する際に、悩むことと言えば、「どのメーカー、どの機種にするか?

」ということでしょう。

業務用エアコンは、メーカー、機種によって大きく価格が異なるので、予算内に収めるにはとてもこの選択が重要になります。



また、販売業者から業務用エアコンを購入する際に、質問されるのが、「最新機種じゃないとダメなのか?

」というものです。

結論から言えば、必ずしも最新機種でなければならないという決まりはありません。

もちろん最新機種であれば、より省エネ性に優れている、機能が充実しているなどというメリットはありますが、型落ちしたものと比べてそれほど性能面、省エネ性で劣っているとは限りません。

型落ちしたものの方が、最新機種よりも安く購入することができるので、予算内に収めたいと考えている人は、必ずしも最新機種にこだわる必要はありません。

どの業務用エアコンにするかを選ぶ際には、価格も重要ですが、それ以上に設置場所に最適なものであるかどうか?

をしっかりと確認することが大切です。

業務用エアコンの能力、搭載されている機能、設置するためのスペースが確保できるか?

などを必ず確認しておきましょう。

業務用エアコンを初めて販売業者から購入するという人の場合、「安ければなんでもいい!」と考えてしまう人がいるようです。

しかし、業務用エアコンは、価格よりもその設置場所、環境に最適であるか?

を1番に考えなければいけません。

業務用エアコンには様々なタイプがありますし、設置場所、環境に適するものとそうでないものがあります。

例えば、天井に埋め込むためのスペースがないのに埋込タイプを購入してしまうと、設置することができないということになってしまいます。

業務用エアコンの場合には、自己都合による返品や交換などは基本的にどの販売業者でも行っていません。

このように、業務用エアコンの選択を間違えてしまうと大きな損失となってしまいます。

業務用エアコンを販売業者から購入する際は、最新機種にこだわる必要はありませんが、設置場所や設置環境に適したものであるか?

は必ず確認をするようにしましょう。

また、業務用エアコンの購入経験がないという人は、1人で決めるのではなく、販売業者に相談してアドバイスをしてもらいながら、どれにするか決めるようにするとよいでしょう。

相談することで、失敗してしまうリスクが下がります。

業務用エアコンの工事期間・設置業者の選び方・配管の交換について

業務用エアコンの工事にかかる期間
業務用エアコンを取り付けるのには、工事が必要となりますが、業務用エアコンの工事にはどのくらいの期間がかかるのでしょうか?かかる期間については現場の状況によって異なります。設置する台数が1台もしくは2台などであれば通常の工事では1日で完了するという場合がほとんどです。しかし、設置する台数が多いという場合や電気工事や運搬などに時間がかかるなどの場合には日数が延びるという場合もあります。必ず1日で終わるというものではありません。
業務用エアコンの工事にどのくらいの日数が必要なのかということは、見積の際に業者に確認しておくようにするとよいでしょう。日程には余裕を持っておくとよいでしょう。

業務用エアコンの設置はアフターサービスの充実しているところへ
業務用エアコンの設置を考える時には、どこの業者に依頼をすればよいのか迷ってしまうということも多いでしょう。そんな時に、重要なポイントになるのがアフターサービスが充実しているかどうかという点です。多くの人は、業者を価格だけで選んでしまいますが、価格だけでアフターサービスがしっかりしたものでないと、万が一故障してしまった場合などが大変です。万が一の故障などの際にも素早く対応してくれるかどうか?をしっかりと確認した上で契約を行うようにするのがおすすめです。価格だけで選ぶと技術のない業者などが設置してしまい、後でトラブルになるという可能性もあります。注意しておきましょう。

業務用エアコンの配管は交換出来る?出来ない?
業務用エアコンを導入する際には、出来るだけ工事費を安く抑えたいと考えている人がほとんどでしょう。知っておきたいのが、業務用エアコンの配管についてです。業務用エアコンの配管は再利用出来る場合と、再利用出来ない場合があります。これは、配管の状態などによっても異なりますので実際に見てみないと配管の再利用が出来るかどうかはわかりません。少しでも工事費を抑えたいという場合には、業者に相談をして配管が再利用出来るようであれば再利用したいということを伝えましょう。必ずしも再利用出来るわけではないという点に注意が必要です。状態の悪いまま使うと、冷媒ガスが漏れてしまうなどのトラブルになる可能性があります。