業務用エアコンを販売業者から購入する際のアドバイス!音の静かなものが好評!

HOME » 業務用エアコン販売で気をつけること » 業務用エアコンを販売業者から購入する際のアドバイス!音の静かなものが好評!

業務用エアコンを販売業者から購入する際のアドバイス!音の静かなものが好評!

業務用エアコンを販売業者から購入する際には、どのような点に注目していますか?

おそらく多くの人は、「価格」に注目していることでしょう。

もちろんできるだけ安い業務用エアコンを購入したいという気持ちはわかりますが、価格だけで決めてしまうのはとてももったいないと言えます。

業務用エアコンは、平均すると約10年は使用するものです。

ですから、こだわるべきところには、こだわった方がよいといえるでしょう。



そこで、1つのアドバイスとして言えるのが、音の静かなものが非常に良いということです。

音というのは2つの意味があります。

1つは業務用エアコンの室内機の運転音のこと。

もう1つは室外機が動く際の音です。

室内機の音についてですが、メーカーや機種によって音が全然違います。

音の静かなものになると、本当に運転しているの?

止まっているのでは?

というくらいとても静かです。

このような業務用エアコンはビジネスホテルなどの客室や学校などの教室に設置するのに向いています。

ホテルなどの場合には、運転音がうるさいとクレームにもつながりますので、できるだけ音の静かなものを選ぶようにしておきたいものです。

業務用エアコンの運転の音の大きさはどれも同じくらいだろうと考えている人が、多いようですが全然違います。

できるだけ、音の静かなものを選ぶようにすることをおすすめします。

それから、室外機の音についても大切です。

隣接している建物がある場合には、室外機の音にも配慮しておきましょう。

店舗やオフィスによっては夜間でも営業しているというケースがあると思います。

夜間に業務用エアコンを運転していると室外機のファンが回りその音がうるさいとクレームを受けてしまうことがあります。

さきほどもいったように、これもメーカーや機種によって音の大きさが異なるのです。

業務用エアコンの中には、このような室内機、室外機の音に配慮したものが発売されていますので、そういったものを導入するようにするのがおすすめですよ。

運転音が気になって集中することができないということを避けられますし、クレームやトラブルなどに発展する確率が下がるためです。

業務用エアコンの運転音の違いというのは意識しておかないと見逃してしまいがちです。

販売業者から購入する際には、販売業者に音の静かなものはどれか?

と質問してみるとよいでしょう。

音の静かなものを教えてくれます。

音の静かな業務用エアコンは非常に好評なのでぜひ、導入してみてはいかがでしょうか?

業務用エアコンの工事期間・設置業者の選び方・配管の交換について

業務用エアコンの工事にかかる期間
業務用エアコンを取り付けるのには、工事が必要となりますが、業務用エアコンの工事にはどのくらいの期間がかかるのでしょうか?かかる期間については現場の状況によって異なります。設置する台数が1台もしくは2台などであれば通常の工事では1日で完了するという場合がほとんどです。しかし、設置する台数が多いという場合や電気工事や運搬などに時間がかかるなどの場合には日数が延びるという場合もあります。必ず1日で終わるというものではありません。
業務用エアコンの工事にどのくらいの日数が必要なのかということは、見積の際に業者に確認しておくようにするとよいでしょう。日程には余裕を持っておくとよいでしょう。

業務用エアコンの設置はアフターサービスの充実しているところへ
業務用エアコンの設置を考える時には、どこの業者に依頼をすればよいのか迷ってしまうということも多いでしょう。そんな時に、重要なポイントになるのがアフターサービスが充実しているかどうかという点です。多くの人は、業者を価格だけで選んでしまいますが、価格だけでアフターサービスがしっかりしたものでないと、万が一故障してしまった場合などが大変です。万が一の故障などの際にも素早く対応してくれるかどうか?をしっかりと確認した上で契約を行うようにするのがおすすめです。価格だけで選ぶと技術のない業者などが設置してしまい、後でトラブルになるという可能性もあります。注意しておきましょう。

業務用エアコンの配管は交換出来る?出来ない?
業務用エアコンを導入する際には、出来るだけ工事費を安く抑えたいと考えている人がほとんどでしょう。知っておきたいのが、業務用エアコンの配管についてです。業務用エアコンの配管は再利用出来る場合と、再利用出来ない場合があります。これは、配管の状態などによっても異なりますので実際に見てみないと配管の再利用が出来るかどうかはわかりません。少しでも工事費を抑えたいという場合には、業者に相談をして配管が再利用出来るようであれば再利用したいということを伝えましょう。必ずしも再利用出来るわけではないという点に注意が必要です。状態の悪いまま使うと、冷媒ガスが漏れてしまうなどのトラブルになる可能性があります。