業務用エアコンを販売業者から購入する際はどうやって見積依頼するの?

HOME » 業務用エアコン販売で気をつけること » 業務用エアコンを販売業者から購入する際はどうやって見積依頼するの?

業務用エアコンを販売業者から購入する際はどうやって見積依頼するの?

業務用エアコンの販売業者から購入したいという人は、まずは見積依頼をしたいと考えていることでしょう。

しかし、どのようにして見積依頼をすればよいのかわからないという人も多いようです。



販売業者によって見積依頼の方法は異なりますが、電話、FAX、そして最も多いのがメールによる見積依頼です。

販売業者への見積依頼はとても簡単ですし、ほとんどの業者では見積依頼は無料なのでこれから業務用エアコンの設置を検討しているという人は、気軽に利用してみるとよいでしょう。

販売業者に見積依頼をする際の注意点についてですが、業務用エアコン本体だけの購入をしたいという場合にはすぐに価格がわかりますが、設置工事も一緒にお願いするという場合には、すぐには、金額がわかりません。

業務用エアコン本体の価格はすぐにわかりますが、設置するのにかかる費用というのは、現場を直接確かめてみないと正確な費用を出すことができないためです。

業者によっては、設置工事費用を概算で出しくれるところもありますが、あくまでも概算なので、正確な金額は下見をした後にしか出てこないということを知っておくとよいでしょう。

業務用エアコンを初めて購入する人がよく勘違いしてしまうのが、業務用エアコンの販売価格に、設置費用も含まれていると考えてしまうことです。

これは、どこの販売業者でもそうですが、業務用エアコンの場合には、販売価格に設置費用は含まれていません。

この理由は、さきほど言ったようにそれぞれの現場によって費用が異なるためです。

販売業者によっては、ホームページに販売価格を載せているところがありますが、その価格には設置費用は含まれていないということを理解しておく必要があります。

見積依頼をする際のアドバイスについてですが、すでにメーカーや機種が決まっているのであればそれを伝えればよいでしょうし、決まっていなければある程度の予算を伝えてそのくらいの予算に見合うものを提案して欲しいと伝えましょう。

販売業者もプロですので、予算に見合ったメーカー、機種を提案してくれます。

業務用エアコンは家庭用と大きく異なり、タイプやメーカー、機種によって金額が様々です。

そのため、予算に応じて様々な提案をしてくれます。

自分で選ぶのはなかなか難しいですが、プロの販売業者であれば様々な観点から良いものを提案してくれますよ。

業務用エアコンの工事期間・設置業者の選び方・配管の交換について

業務用エアコンの工事にかかる期間
業務用エアコンを取り付けるのには、工事が必要となりますが、業務用エアコンの工事にはどのくらいの期間がかかるのでしょうか?かかる期間については現場の状況によって異なります。設置する台数が1台もしくは2台などであれば通常の工事では1日で完了するという場合がほとんどです。しかし、設置する台数が多いという場合や電気工事や運搬などに時間がかかるなどの場合には日数が延びるという場合もあります。必ず1日で終わるというものではありません。
業務用エアコンの工事にどのくらいの日数が必要なのかということは、見積の際に業者に確認しておくようにするとよいでしょう。日程には余裕を持っておくとよいでしょう。

業務用エアコンの設置はアフターサービスの充実しているところへ
業務用エアコンの設置を考える時には、どこの業者に依頼をすればよいのか迷ってしまうということも多いでしょう。そんな時に、重要なポイントになるのがアフターサービスが充実しているかどうかという点です。多くの人は、業者を価格だけで選んでしまいますが、価格だけでアフターサービスがしっかりしたものでないと、万が一故障してしまった場合などが大変です。万が一の故障などの際にも素早く対応してくれるかどうか?をしっかりと確認した上で契約を行うようにするのがおすすめです。価格だけで選ぶと技術のない業者などが設置してしまい、後でトラブルになるという可能性もあります。注意しておきましょう。

業務用エアコンの配管は交換出来る?出来ない?
業務用エアコンを導入する際には、出来るだけ工事費を安く抑えたいと考えている人がほとんどでしょう。知っておきたいのが、業務用エアコンの配管についてです。業務用エアコンの配管は再利用出来る場合と、再利用出来ない場合があります。これは、配管の状態などによっても異なりますので実際に見てみないと配管の再利用が出来るかどうかはわかりません。少しでも工事費を抑えたいという場合には、業者に相談をして配管が再利用出来るようであれば再利用したいということを伝えましょう。必ずしも再利用出来るわけではないという点に注意が必要です。状態の悪いまま使うと、冷媒ガスが漏れてしまうなどのトラブルになる可能性があります。