業務用エアコンメーカー比較

HOME » 業務用エアコンメーカー比較

業務用エアコンメーカー比較

業務用エアコンの中でも人気の高いメーカーとは

電化製品を取り扱っているメーカーはとてもたくさんありますが、業務用エアコンを取り扱っているメーカーもとてもたくさんあります。
ですので設置する予定の業務用エアコンのメーカーを悩んでしまうというケースも多いです。
エアコンはオフィスや店舗をとても快適な空間へと変えてくれるものですから、できるだけ良い快適な空間を作ってくれるものを選びたいですね。
≫ 『業務用エアコンの中でも人気の高いメーカーとは』

業務用エアコンのおすすめなものについて

業務用エアコンをオフィスや店舗などで設置する際において、どのようなタイプの業務用エアコンを購入すればよいのかということについてなのですが、どういった選び方をすればよいのでしょうか。
どういった業務用エアコンがおすすめなのでしょうか。
≫ 『業務用エアコンのおすすめなものについて』

パナソニックの業務用エアコン

業務用エアコンメーカーのパナソニックはエレクトロニクスナンバー1である環境革新を目指し、省エネと省資源によって貢献し、総合的にトップクラスである機能と低商品電力の機器がそろっていてとても充実しています。
広がる新気流360度では吹き出す風が部屋中にいきわたってくれます。
≫ 『パナソニックの業務用エアコン』

三菱電機の業務用エアコン

三菱電機の業務用エアコンではスリムZRシリーズが新しく登場しました。
このシリーズでは省エネ性能と最新制御機能が特徴的になっていて、これらの機能により快適な空間を作ってくれることでしょう。
適正な冷媒充填量を知らせてくれるという冷媒量判定機能がついていて、判定結果をリモコン画面によってチェックすることが可能です。
ですから施工時、また定期点検の時にも今までよりとても簡単に、そしてスピーディーに行うことができるようになりました。
≫ 『三菱電機の業務用エアコン』

業務用エアコンのメーカーについて

業務用のエアコンを取り付けるにあたって、とても様々な種類のメーカーがあります。
そしてメーカーによっても特徴的なポイントが違ってきます。
では業務用エアコンを購入するのであればどのメーカーの物を選べばよいのでしょうか。
どのメーカーがお勧めなのでしょう。
≫ 『業務用エアコンのメーカーについて』

業務用エアコンの臭いについて

業務用エアコンの場合には、夏に使用するケースが一番多いですが、しばらく使っていない状態で突然運転すると業務用エアコンから嫌な臭いがするなんて経験ありませんか?この原因はカビや雑菌などによるものであることが多いです。カビや雑菌が繁殖してしまうとこのような嫌な臭いが広がることになりますので、夏に使用する前にしっかりとクリーニングをして、試運転を行なってから使い始めるようにするとよいでしょう。何もしないでそのまま使い続けるというのは、空気中にカビや雑菌をまき散らしているのと同じことになりますので、まずは綺麗にすることから始めましょう。

業務用エアコンのクリーニングについては、自分で行うことも出来ますが内部の細かい部分もしっかり洗浄したいという場合や、忙しくて手入れをする時間がないという場合には、費用はかかりますが専門の業者に依頼をしてクリーニングをしてもらうようにするとよいでしょう。

カビや雑菌の他にも、ほこりやゴミなどがたまるということもあります。そのようなものも綺麗に取り除くようにすると、業務用エアコンをより効率的に使用することが出来ます。ぜひ、覚えておくようにしましょう。

業務用エアコンの設置業者の選定方法とは

業務用エアコンを設置する場合には、誰でも出来るというものではありません。業務用エアコンに関する知識や経験がないと、施工ミスなどが発生する確率が高まります。業者には色々なところがありますが、どのように選定すればよいのでしょうか?

まず、知っておきたいのが業務用エアコンの場合電気工事が必要になるということが多いです。そのため、工事をする際に電気工事も一緒に行うことが出来る業者に依頼をするのがよいでしょう。電気工事が出来ない業者だと電気工事店に電気工事をお願いすることになるので、手間がかかります。 一番多くの人の場合、価格をなによりも大切にしていると思いますが、価格よりも対応力というものをよくチェックしておくようにしましょう。現地調査に来た時の感じや、技術的な質問などに回答することが出来るのか?その他顧客の要望などにも対応することが出来るのかなどの、対応力をチェックしてみるとよいでしょう。この対応力が高いところであれば、万が一業務用エアコンに不具合が出たという場合にも素早く対応してくれることでしょう。 価格だけで選ぶと、技術のない業者にあたるという場合もありますので、注意しましょう。

業務用エアコンの導入は夏以外がおすすめ

業務用エアコンの導入を検討している人に知っておいて欲しいのが、導入時期についてです。業務用エアコンの導入は夏がいいと思っている人が多いのではないでしょうか?たしかに、業務用エアコンが一番活躍する季節です。しかし、多くの店舗やオフィスで業務用エアコンの入れ替え、購入が増えるので業者が一番忙しい時期になります。

そのため、自分が希望する日程での取付が困難になる場合や、希望する機種が品薄になってしまうなどということもあります。業務用エアコンの導入は夏以外に行うのがおすすめです。業者も忙しい時期ではない為、素早く対応してくれる可能性が高いですし、商品についても売り切れてしまうなどという可能性は低くなります。業者によっても異なりますが、一番忙しい夏とそれ以外では工事料金が異なるという場合もあります。

忙しい時期の場合には、価格が上がる可能性もありますので、出来るだけ業務用エアコンの導入をするのであれば、夏は避けるようにしましょう。業務用エアコンの導入は暑くなる前に行うのがおすすめです。これから、業務用エアコンの導入を考えている人はこのことを覚えておくようにしましょう。

業務用エアコンのエラーコードはメーカーによって違う?

業務用エアコンを使用していると、リモコンなどにエラーコードが表示されるということがあります。このエラーコードは、業務用エアコンに何かしらのトラブルが発生しているという状態です。このエラーコードは、メーカーによって意味が異なりますので、エラーコードが表示されている場合にはその表示を記録しておきましょう。メモをしておくか、写真を撮っておくとよいでしょう。修理を依頼する時に、エラーコードを伝えるようにしましょう。

通常はエラーコードはアルファベットと数字で表示されるということが多いです。ダイキンの業務用エアコンの場合には、エラーコードをホームページから検索することが出来ますので、アルファベットと数字を入力してエラーコードの原因を調べてみるとよいでしょう。

エラーコードが表示された場合には、専門の修理業者に見てもらう必要があります。もしくは、各メーカーのサービスに連絡して修理を依頼しましょう。エラーコードが表示されたままだと業務用エアコンを正常に使用することが出来ない可能性が高いので、エラーコードが表示されてしまったらなるべく早く連絡をして見てもらうようにしましょう。絶対に放置してはいけません。

幼稚園や学習塾などにおすすめの業務用エアコンとは

幼稚園や学習塾などにおすすめの業務用エアコンとはいったいどのようなものなのでしょうか?幼稚園や学習塾の場合には子供などが多く利用することになります。そのため、出来るだけ清潔な空間であることが求められます。

そんな場所に設置する業務用エアコンには、除菌が出来るタイプのものがおすすめです。除菌が出来るタイプのものは、細菌やカビなどを除去することや分解することが出来るからです。もちろんすべてのものを除菌、分解できるわけではありませんが、出来るだけ清潔な環境を保つということでは非常に重要なポイントになります。

子供の場合には大人と比べて、抵抗力が弱いので、カビや細菌などの菌がたくさんいるというような環境は絶対に避けるべきです。普通の業務用エアコンでは除菌することは出来ませんので、除菌が出来るタイプの業務用エアコン、除菌の出来るアイテムなどを取り付けるようにすると、子供達もそして保護者の方も安心することが出来るでしょう。

幼稚園、学習塾など子供が多く利用する場所に業務用エアコンを設置したいと考えているのであればぜひ、このことをしっかりと覚えておくようにしましょう。

業務用エアコンで飲食店などにおすすめのオイルガードフィルターとは

飲食店などで業務用エアコンを使っているというケースは多いですが、飲食店で業務用エアコンを使用する際の悩みと言えばやはりオイル、油が内部に入ってしまうということでしょう。業務用エアコンの内部に油が入ると、内部が汚れてしまうというだけでなく故障などの原因にもなります。そこで、業務用エアコンの内部に油が入るのを防ぐのに便利なのが、オイルガードフィルターです。このフィルターを取り付けることによって、内部が油によって汚れるのを防ぎます。標準フィルターのまま使用しているとどうしても飲食店などでは、油によって汚れてしまいます。

このオイルガードフィルターは色々なメーカーから発売されていますので、使用している業務用エアコンのメーカーで発売されていないかチェックしてみるとよいでしょう。適合するフィルターはそれぞれの大きさなどによって異なりますので、注意が必要です。オイルガードフィルターを使うことで、今までよりもメンテナンスがだいぶ楽になるでしょう。

ただし、このオイルガードフィルターを取り付ければすべての油を防げるということではないので、注意が必要です。定期的な清掃は大切です。

業務用エアコンは電源を確認

業務用エアコンを導入する際に注意しておきたいのが、電源についてです。業務用エアコンを運転するには電源が必要になります。この電源については電気工事が必要になります。業務用エアコンのほとんどのものは、三相200Vの電源が必要です。三相電源は別の呼び方では、動力とも呼ばれています。これは一般家庭ではなく工場などで使われることの多いものです。一般家庭の場合には、三相ではなく単相のものが使われています。

そのため、業務用エアコンをどれにするか選ぶ際には、電源が単相なのか、三相なのかをしっかりと確認することが重要です。現在の業務用エアコンの場合にはほとんどが三相となっているためそこまで、慎重になる必要はありませんが必ず確認しておきましょう。この電源については、商品カタログなどにも必ず記載されています。

現在三相を使っているという場合であれば、そのまま使用することが出来ますが、三相を使っていないという場合には、新たに電気工事が必要になりますので、工事までに日数がかかるという場合がありますので、注意しておきましょう。電気屋さんの工事と電力会社による工事が必要になるので、通常よりも日数がかかるのが一般的です。また、その分費用もかかりますので覚えておきましょう。

業務用エアコンの工事期間・設置業者の選び方・配管の交換について

業務用エアコンの工事にかかる期間
業務用エアコンを取り付けるのには、工事が必要となりますが、業務用エアコンの工事にはどのくらいの期間がかかるのでしょうか?かかる期間については現場の状況によって異なります。設置する台数が1台もしくは2台などであれば通常の工事では1日で完了するという場合がほとんどです。しかし、設置する台数が多いという場合や電気工事や運搬などに時間がかかるなどの場合には日数が延びるという場合もあります。必ず1日で終わるというものではありません。
業務用エアコンの工事にどのくらいの日数が必要なのかということは、見積の際に業者に確認しておくようにするとよいでしょう。日程には余裕を持っておくとよいでしょう。

業務用エアコンの設置はアフターサービスの充実しているところへ
業務用エアコンの設置を考える時には、どこの業者に依頼をすればよいのか迷ってしまうということも多いでしょう。そんな時に、重要なポイントになるのがアフターサービスが充実しているかどうかという点です。多くの人は、業者を価格だけで選んでしまいますが、価格だけでアフターサービスがしっかりしたものでないと、万が一故障してしまった場合などが大変です。万が一の故障などの際にも素早く対応してくれるかどうか?をしっかりと確認した上で契約を行うようにするのがおすすめです。価格だけで選ぶと技術のない業者などが設置してしまい、後でトラブルになるという可能性もあります。注意しておきましょう。

業務用エアコンの配管は交換出来る?出来ない?
業務用エアコンを導入する際には、出来るだけ工事費を安く抑えたいと考えている人がほとんどでしょう。知っておきたいのが、業務用エアコンの配管についてです。業務用エアコンの配管は再利用出来る場合と、再利用出来ない場合があります。これは、配管の状態などによっても異なりますので実際に見てみないと配管の再利用が出来るかどうかはわかりません。少しでも工事費を抑えたいという場合には、業者に相談をして配管が再利用出来るようであれば再利用したいということを伝えましょう。必ずしも再利用出来るわけではないという点に注意が必要です。状態の悪いまま使うと、冷媒ガスが漏れてしまうなどのトラブルになる可能性があります。